東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
保護者、支援者、そして教育者
自立を諦めている人との関わり方

相手がそもそも自立を志向していない場合、そうした考えをよりよい方へ
導く教育者の役割が求められます

 

他の記事でもお伝えしている通り、ひきこもり支援では保護者と支援者の二つのロールモデルを区別することが非常に重要です。さらにこの二つに加えて、さらに教育者モデルとでも言うべきものを区別することが役に立つかもしれません。この記事ではこの新しい教育者モデルについて説明したいと思います。

ひきこもり支援の基本は、保護者モデルではなく支援者モデルに設定されるべきであると思われます。成人の両親は成人に対して何ら特別な関係にある訳ではなく、未成年を保護するように成人を保護することは認められていないからです。公共的に認められていない枠組みで対人関係を構築しようとすると、それゆえにこそ社会的に孤立してしまいます。ひきこもり家族が孤立しないためには、まず当事者間の関係を上手く支援者モデルに移行させていくということが必要です。

しかしながら、支援者モデルでは足りないという場合もあります。支援者モデルは通常、支援される人が自立を目指しているということが前提になっているからです。しかし支援される側が極めて追い詰められていたりコミュニケーションが苦手であったりすると、人は疲弊や諦め等のゆえに必ずしも自立を志向していないように見える場合があります。そういった場合では支援者モデルが必ずしも成り立たないように見え、そのために保護者モデルへの回帰という問題が生じています。

教育者モデルが役割を果たすのはこうしたケースにおいてです。支援者モデルだけで問題が解決しない場合、つまり本人が自立を目指しているという建前が機能しない場合、支援されている人を教育する必要性が生まれます。ここでの教育はもちろん自立に向けられています。自立することを目指していないように見える人は、自立の必要性について自分の偏見や理屈に振り回されてしまっているおそれがあります。そういった混乱を一つ一つ解きほぐすことが周囲の人には必要とされています。

こういった場合は、支援者モデルのように、単に被支援者のニーズを受けとめて必要な支援を提供するだけでなく、客観的に見て妥当でないことを被支援者が主張する場合などには、より正しいと思われる方向に教え諭すことが必要になります。これは支援者モデルの枠組みに当てはまらないと思われますので、教育者モデルとして区別する方が適切でしょう。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話をいただいた際に不在の場合は、後ほどこちらから折り返しのご連絡を差し上げることもできます。
ご希望の方は、留守番電話にその旨をお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー