東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
家庭内の脅しに屈する前にできること

脅しに簡単に従ってしまわずに、
まず脅しは不正だと指摘するだけ
でも、有効な抑止となりえます

沢山の方から色々な相談をお聞きしていると、だんだんと繰り返し見られるパターンというものに気づかれてきます。当相談室(C&C)では、様々な相談に対してアドバイスを差し上げてきた経験から導き出された原則を、それぞれのパターンに合わせて依頼者の方にお伝えすることがあります。それは原則の形をしていると依頼者の方が個別の状況に応用することができるからです。また原理・原則があった方がその場しのぎの対応になりにくく、長期的に望ましくなると思われます。そのような原則の一つに、「脅しに屈するべきではない」というものがあります。

家族間の問題について論じているときに、脅しに屈するべきではないという原則は、奇妙に思えるかもしれません。脅しに屈するべきではないというのは、例えばテロリストと交渉すべきかどうか、といった公共の問題にのみふさわしく見えるからです。しかしながら、家庭内であっても特定のタイプの要求は「脅し」として理解する必要があります。ここでいう脅しは、何らかの不当な要求とセットにして、家族の他のメンバーが大切にしているものの安全を脅かすという形をとります。例えば、自分の抱えている問題を代わりに解決してくれないのであれば、暴れて物を壊してやると主張するようなケースです。

コミュニケーションが上手く行っていない家庭内で頻繁に起きるのは、さらにもう一段階複雑な脅しのケースです。通常は脅している本人にとってより大きなダメージがあると思われることだが、家族という関係性のために脅しとして機能するというケースです。例えば、○○してくれないと自殺してやるといった形態をとるような要求です。この場合に脅されている側が大切に思っているのは、脅している側の生命等なので、それが脅しに当たるということに気付くこと自体が難しくなっています。

さて、このような脅しにはどのように対応すべきでしょうか? かかっているものが非常に貴重であるために、ついつい要求に応えたくなってしまうかもしれません。実際に、度重なる要求に対してなるべく応えていくという方がほとんどです。確かに脅している側の要求に応えることが当事者の環境を客観的に見て改善していくのであれば、要求に応えることは望ましいと言えるでしょう。しかし脅されている側に非常に負担になり、かつ脅している側のためにもならない要求に応えることが本当に適切でしょうか? そういった要求には従ってばかりでいるべきではありません。

ですが、要求に従わなかったことによって相手が怒って脅しを実行に移してしまったらどうするのか? と思われるかもしれません。もちろんC&Cは、「どうせ脅しを実行したりしないだろう」と高を括ることをお勧めしている訳ではありません。そうではなく、相手のやっていることが脅しであるということをまず単純に指摘すべきです。脅しが不正であるということは普遍的なことなので「脅しに応えることはできない、なぜならそれは不正なことだからだ」と単純に言うことだけでもかなり効果があります。個々のケースに応じて脅しが実行されるおそれは高い場合も低い場合もありえますが、いずれにせよ脅しの不正さを明言すること自体がそうしたおそれへの一定の抑止になるということです。具体的な状況に応じてよく考えなければならないのはもちろんですが、脅しには屈しないという原則を家族内のトラブルに関しても心にとどめておいていただきたいと思います。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー