東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
「分かった感」を出してもらうことを期待しない(自閉スペクトラム症の人と定型発達の人との付き合い方㉙)

相手の話を聴いていること、
理解していることを誰でも常に
表に出してくれるわけではありません

定型発達(以下定型)の人が自閉スペクトラム症(以下ASD)の人と向き合っている時に違和感を得るかもしれないポイントの一つに、ASDの人が「分かった感」を出さないということがあります。このすれ違いがASDの人と定型の人との間でミスコミュニケーションを引き起こすことがありうるので、この記事ではその点について解説していきたいと思います。

定型の人と定型の人で何らかのことについて話している場合、定型は相互に対して非常に細かい応答を頻繁に行なっています。最も顕著なのは相槌です。相槌においてASDの人と定型の人との差異が明らかに存在するということについては他の記事でも解説しました。このような応答は、次のような目的のために為されています。すなわち、相手方に対して内容に対する賛成とは別に、相手が話しているという事実に対して積極的な態度を採るというのがその目的です。例えば「うんうん」という合槌や頷きを適切に挟むことによって、相手方に対して自分が傾聴している、「あなたの話をちゃんと聴いて(今のところ)理解していますよ」ということをアピールすることができます。

各種の仕方で「分かった感」を出すというのは、このような定型の人による応答行動の一種です。定型の人が定型の人に何かを教えているとき、教えている側は、教わっている側の変化を知覚することを望みます。つまり教わっている側が理解した場合には理解したという趣旨の応答を行うことを期待しています。他方で教わっている側もそのような期待にほとんど自動的に答えることができます。「うんうん」という相槌や頷きも「分かった感」を出すための一つの表現手段であり、他の相槌(「なるほど」など)でも同じ効果があります。もっとも分かった感を出す仕方は、明示的に「お話を聞いて今分かりました」などと発言することである場合もあります。

ASDの人が定型の人に対して自然に相槌することがないように、ASDの人は一般的には定型の人に対して「分かった感」を出すような態度を採ることを不慣れとしています。それは、「分かった感」を示すを当然のことと考えている定型の人から見れば、分かっていないようにも見える訳です。定型の人においては、相手方がASDである場合は、定型の人を相手にしている場合とは異なり、相手から自然と「分かった感」が示されることを期待せずに相手方の理解度を推し量ることが必要とされていると言えるでしょう。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー