東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
まずやるべきことは
「理解を深める」と「距離を取る」ことです

「理解」と「距離」が鍵になります

この記事をご覧になっている方の中には、今まで支援機関や相談機関で色々なアドバイスを受けてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか? そういった相談機関で、例えば「ひきこもっている方をもっと理解してみましょう」というような《理解》を求めるアドバイスや、「少し距離をとってみましょう」と《距離を取る》ことを勧められたことはありませんか? 

 

しかし、アドバイス通りに対応してもうまくいかない、むしろ状況が悪化していく、といった経験をされた方も多いのではないでしょうか。もしかしたら、これらのアドバイスの受け取り方に誤解があるのかもしれません。それは、《理解》と《距離を取る》ことを別々なもの、あるいは関係がないものと捉えている点です。

 

なぜ理解と距離を取ることをそれぞれ別々に行う、または片方しか行わない場合、ひきこもり問題の改善がうまくいかないのでしょうか?それは、2つのアイディアが相互依存的であるからです。理解が進まないと距離を取ることの重要性に気が付きません。また、距離を取れないと問題に巻き込まれて理解が進まなくなります。このように2つのポイントの相互依存性を理解することが、ひきこもり問題の改善にとって非常に重要なポイントとなります。

 

これらの相互依存性がどのように作用するのかをご説明する前に、まず基本的なご相談の流れをご説明しておきましょう。実際のご相談では、状況をお伺いして、ケースを分析します。その分析をもとにして、特性や原因について《理解》を進めるための学習を始めます。その後、ある程度理解が進んできた段階で、《距離を取る》ことの意味と具体的な方法をご提示します。このように《理解して距離を取ること》を何度も繰り返していきます。くり返すことによって次第に状況が改善されていくことを目指します。

 

ところが、理解が十分にできていないと距離を取ることについて半信半疑で中々実行に移せないといった問題が出てくることがあります。なぜなら、距離を取るということは社会との付き合い方や生活環境を実際に変えていくことに他ならず、手間がかかる、面倒だ、難しいなどの様々なできない理由が出てきて躊躇してしまうからです。また、別の視点から見ますと、適切な距離が取れない環境の中でひきこもり問題に取り組んでいると、日々起こる目の前の問題に対処することで時間が取られてしまいます。すると、次第に心理的ストレスが蓄積され、余裕がなくなり、問題の適切な理解が難しくなっていきます。

 

他方で、理解が十分に進んでくると距離を取ることの意味や重要性をご理解いただけるようになります。ご理解いただけると少しずつ距離を取るために環境を整備することができるようになります。すると、必要な時以外は接触する機会が減ることになるので、相互の心理的ストレスは軽減していきます。心理的ストレスが軽減すれば、余裕が出てきて問題を客観的に観察が可能になります。結果的に理解が進むことになります。このように相互依存性のある《理解》と《距離を取る》のサイクルを回していくことにより、問題改善が進みます。

 

当相談室にはひきこもり問題に10年以上携わっているスタッフたちがいます。私たちは、その間に様々なメソッドを試してきました。相談室としては、豊富なひきこもり臨床経験に基づき、最終的にひきこもりの支援策は、闇雲に《関係性の再構築》をするのではなく、その前に行うべき《ひきこもりの特性を理解して距離を取る》と言うメソッドに集約されるというと結論に至りました。《理解》と《距離を取る》のそれぞれの具体的な方法についてのご説明は、別の記事でご紹介しています。よろしければそちらもご参照ください。

 

ひきこもり問題を改善していくには、長い道のりを歩むことが必要です。「いつになったら今の状況が改善するのだろう」など、道のりの長さに怖じけずいてしまう方もいらっしゃいます。しかし、その道は、脇道がない一本道なのです。一歩一歩前に進んでいけば必ず事態は改善すると当相談室は確信しています。「他に選択肢がなく、一本道をひたすら進んでいくしかないのだ」と信じられた方のケースは、より確実に改善の方向に進み始めているからです。適切な対応を取り決して後戻りせず、着実に一方方向に進んでいきましょう。ひきこもり家族コンサルティングがお手伝いいたします。

 

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。