東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック   
ひきこもり相談の成果と費用

相談の成果はステップ・バイ・ステップの改善であり、費用は一回ごとの相談料です

ひきこもり相談は、一般に将来の見通しを立てづらいものです。相談機関に通われている方には、どのような形で相談の成果が生まれてくるか分からず、相談しているうちに気が滅入ってしまう方もいらっしゃいます。またひきこもり相談にかかってしまう費用が気になるという方もいらっしゃるかもしれません。

他の記事でも解説している通り、ひきこもり相談はゴール設定に難しさを抱えています。ひきこもり家族コンサルティングがお勧めしているのは、ひきこもり問題の解決という形で一括りにするのではなく、足元のより小さな状況を一つ一つ改善していくことです。一つ一つの改善であれば、ひきこもり問題の難しさに圧倒されることなく取り組むことができますし、そのつど前進が実感できます。改善が積み重なっていけば、あるところで振り返ると、生活全体が楽になってきていることにお気づきになるでしょう。

このようなステップ・バイ・ステップの地道な進み方では、費用が膨大になってしまうと思われたかもしれません。しかし実際にはこの方法が最も負担が少なくお金もかからない方法であるとひきこもり家族コンサルティングは考えています。なぜなら、問題は一挙に解決しようとして解決できるものでなく、ステップ・バイ・ステップでの改善こそが、地道なようでいてもっとも近道を辿ることになるからです。

地道に問題を改善する道を辿ることは、ひきこもりご本人の(可能な限り)早期の社会復帰にもつながります。ひきこもりご本人が社会と切り離されたことによって失われた経済的メリットは膨大です。ひきこもりご本人がご家族から経済的に自立することができれば、ご家族の経済的な負担がかなり減ることにもなります。ただし、いたずらに就労を奨励することは適切ではありません。急いでひきこもり問題を解決しようと焦ってプレッシャーをかけても、ご本人とご家族の関係が悪化するだけに終わってしまうことになりかねないからです。

ステップ・バイ・ステップの方法は、ご本人とご家族の関係を悪化させない唯一の方法です。ひきこもり家族コンサルティングは、一回一回の相談によって依頼者様の状況が少しずつ改善することを依頼者様ご自身が実感できるようにスケジュールを立てています。また、ひきこもり家族コンサルティングでは一回一回の相談でそれぞれ料金を設定させていただいております。このような形がステップ・バイ・ステップの方法に最も適していますし、また依頼者様に費用対効果の面から相談を依頼するかどうかを判断していただくことが簡単になっています。ひきこもり相談にかかる費用でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

よろしければこちらもご覧ください

自閉スペクトラム症の人と定型発達の人の付き合い方のヒント

両者のコミュニケーションのスタイルの違いをご説明しています。例を交えてご説明しています。

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー