東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
自閉スペクトラム症という診断名の活用法

自閉スペクトラム症の診断を受けて
それで終わりではありません

医師に自閉スペクトラム症であると診断されたという方、いらっしゃいませんか?

自閉スペクトラム症(以下ASD)であると診断された人がその診断に持つ感想は様々です。今まで体験された苦労に上手く説明がついたと感じホッとする方もいらっしゃれば、何かネガティブなことを指摘された気がしてがっかりされる方もいらっしゃると思います。感じ方は一人一人異なっているので、この記事一つの中で皆さんのお気持ちを上手く掬い取ることはできません。しかし、一つ申し上げることができるのは、ASDという診断名を利用してあなたの生活の問題を解決することができるかもしれないということです。

この記事では、ASDという診断を活用する一つの方法を提案したいと思います。その活用法は、ASDという診断によって、あなたが受けてきた不当な攻撃を今後受けないように予防するということです。

例えば、あなたは、あなたに悪気はない時でも周りの人に辛く当たられた、という経験をお持ちではありませんか? もしかすると、あなたがASDであるということを知らず、あなたを定型発達者として扱ってきた人は、あなたについてひどく誤解していたのかもしれません。

というのも、ASDの人と定型発達の人では、コミュニケーションに用いる手段の範囲に違いがあるからです。例えば、もしあなたが定型発達者であったとしたら相手に敵意を示すために用いたであろう態度を、(ASDである)あなたが知らず知らずのうちに採用していた、という可能性があります。そうした場合に非常に大きな問題が生じるということは容易に想像できます。あなたが敵意を持っていると誤解した相手は、あなたに対して攻撃的な態度を取るだろうからです。例えば、あなたを冷たい人間であるとか悪意ある人間であるとか誤解した上で、あなたを拒絶する人がいたかもしれません。あなたの問題もこのようなパターンに当てはまっている可能性は十分にあります。

心当たりのないことで周囲の人と上手く行かなかったのは、あなたも周りの人もあなたがASDであるということを知らなかったからではないか、と振り返ってみてください。ASDの人と定型発達の人が具体的にどのように違うのか、ということについての知識は日本社会でまだまだ一般的とは言えませんから、誤解は日本の至るところに存在していると思われます。あなたの苦労も同じ問題であるかもしれません。

しかしながら、あなたは自らがASDということを知るにようになったのですから、今までのように他人の誤解にさらされたままにしておく必要はありません。他人の誤解を防ぐために色々とできることがあります。定型発達の人に誤解されそうな行動を避けるだけでも効果がありますし、自分がASDであるということをカミングアウトすれば(相手が公平な人であれば)あなたのことを誤解しないように努力するでしょう。そうすると、誤解から生じる軋轢をあなたと周囲の人の間から追放することができます。

人間の悩みのほとんどが人間関係から来ることを考えれば、このような工夫だけで予想外に多くの悩みが解決するかもしれません。ぜひ試してみてください。

よろしければこちらもご覧ください

「そんな可能性は”ない”」は本当に”ない”? ー可能性と蓋然性の違いー

自閉スペクトラム症(以下ASD)の方と定型発達の方との間のミスコミュニケーション(コミュニケーションの失敗)には、いくつかのパターンがあります。毎回毎回違うことでトラブルになっていると思っていませんか?

ひきこもりの何が問題なのか 
「機会損失」の観点から

ひきこもりの問題が社会的なレベルで大きな問題となっています。しかし、そもそもひきこもりの状態に陥ることの一体何が問題なのでしょうか。「機会損失」の観点から考えてみましょう。

便箋しか読まない人、封筒まで読む人
ー自閉スペクトラム症の人と定型発達の人の関わり方の違いー

両者のコミュニケーションのスタイルの違いを便箋と封筒の比喩でご説明しています。付き合い方のヒントにしてみてください。

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー