東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
「できないことはしない」という原則とコミュニケーション

自分の能力を超えたコミュニケーションには臨まないという原則には
価値があります

家族関係に悩む依頼者様に当相談室(以下C&C)がお伝えしているアドバイスのいくつかは、原則の形をしています。原則を覚えておくことはとても便利です。迷った時に立ち戻ることができるからです。原則には杓子定規なところもありません。原則はあくまで原則であって、例外がつきものだという点はよく知られているからです。そういった理由でC&Cは可能ならばアドバイスを原則の形に取りまとめています。この記事では、一つの原則をご紹介しましょう。それは「できないことはしない」という原則です。

「できないことはしない」という原則の価値は、できるかできないかが不明確なケースでこそ効果を持ちます。というのも、できるかできないかが最初から明確な場合は、誰もできないことをしようとしないからです。自分の能力を正確に測定することができない状況では、無謀なことを試みることが誰にでも起こりうると言えましょう。

この原則が役に立つ一つの重要な局面は、コミュニケーションの場面です。コミュニケーション能力は、正確に把握することが難しいものの一つです。何を言いどう振る舞うかという具体的なことだけでなく、そもそも「相手と自分は本当にコミュニケーションできているのか」を把握することからして実は難しいのです。なぜなら、コミュニケーションが上手くいっていないことを悟るためには、言語的な伝達能力と非言語的な伝達能力とが分離されていなければならないからです。もし自分が言葉で伝えたつもりのことと、身振りや声のトーンなどで伝えたつもりのこととを区別できていないと、「相手には前者しか伝わっていないのではないか?」という疑いを持てないからです。ということは当然その場合、本当に相手に前者しか伝わっていなかった場合、コミュニケーションが実は失敗しているという事実にも気づけないことになりましょう。

特に本サイトでは、自閉スペクトラム症(以下ASD)の人と定型発達(以下定型)の人との間のミスコミュニケーションを多くの記事で取り扱っています。それは、ASDの人との会話の中で、定型の人が自分のコミュニケーション能力を過大に見積もるという根本問題があるからです。ASDの人との間のコミュニケーションに実は失敗しているということを理解することが難しいものです。それが難しいということも、上で述べた事情によって、あまり理解されていません。そしてコミュニケーションに失敗していることから発生している摩擦が相手に責任転嫁されてしまうという問題もあります。例えば相手が何らかの点で悪意を抱いていると想定する方が、相手との関係での自分のコミュニケーション能力に限界があると想定することよりも、ずっと容易いからです。

したがって、ASDの人と定型の人との間のミスコミュニケーション、またはコミュニケーションの失敗一般において重要であるのは、自分のコミュニケーション能力の欠如という形で問題を認識することなのです。そのような認識が得られれば、後は原則の出番となります。つまり「できないことはしない」という原則は、自分が持っていないレベルでのコミュニケーション能力を必要とするシーン自体を避けるべきだという形で具体化されます。

もちろんコミュニケーションが現に必要となっているケースでやり取りを避けるべきではありません。原則は常に例外を含みます。しかしながらそれでも、不必要なコミュニケーションも日常生活には含まれており、それを適宜削減することが関係性の改善にとって一般的に重要になるケースがあるということは、確かなことと思われます。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー