東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
ひきこもり相談にホームワークがある理由

ホームワークへの取り組みを通じて、問題への理解を深めモチベーションを高めることができます

C&Cでは継続相談にいらっしゃる依頼者様に、次回の面談までに済ませていただく課題(ホームワーク)を設定しております。ホームワークと言っても、とても簡単なものですし、お忙しい際はスキップしていただいて差し支えありません。具体的には、C&Cに対する質問を二つか三つ考えていただくということがホームワークになります。この記事では、なぜ継続相談においてホームワークをお願いしているのかを解説したいと思います。

ひきこもり相談の実態は本当に様々です。一般に行われているひきこもり相談の中には問題解決に対してあまり効果的ではないものもあります。コメンテーター的なコメントを依頼者に提供するだけで終わるもの、ひきこもりの一般論を口述して終わるもの、依頼者と雑談して終わるもの、等々。これらと比べると、相談者が学ぶべきことを具体的かつ詳細に教えてくれる相談機関は、かなり優れている方だと言えましょう。しかし、相談者が学ぶべきことを単に提示するのでもまだ、それだけでは十分とは言えないとC&Cは考えています。

趣味の習い事であれば明らかである通り、習得しなければいけないことを提示されただけで習得できるほど、何かを身につけることは簡単なことではありません。ポイントになることを繰り返し繰り返し先生に教わり、分からないことがあれば疑問を整理し、質問したりしていかないと身につきません。学校での勉強でも教科書だけ渡されて終わりという訳ではありません。単なる情報の束としての教科書だけではなく、それを読み解いてくれる先生がついています。どんな学びでも教える側の人と教わる側の人が相互に関わり合ってやり取りすることが必要です。情報をあげてハイ終わり、ではないのです。

ひきこもり相談でも同じです。ひきこもり状況を改善するノウハウは色々あります(例えば親が自室を持つということが重要です)。しかしそれらのノウハウを単に相談機関が依頼者に情報として提供するだけでは、事態は改善していきません。そんなに簡単に解決するなら、社会問題になるはずがありません。どうしても、依頼者様と相談機関のインタラクティブなやり取りを続けていく必要があります。

C&Cでお出ししているホームワークは、そのようなインタラクティブなやり取りを確保するための一つの手段です。質問を考えることは、自分が分かっていないところを見つけ出すための有力な手段です。それを通じて自分なりに問題を発見し、それを整理する訓練ともなります。また依頼者様が提示した質問に合わせて次回の面談を準備することで、C&Cの面談を依頼者様の疑問にダイレクトに応えるより満足度の高いものにすることができます。自分が分かっていないことを説明してもらうということが、学習に対する人のモチベーションを引き上げるからです。このような理由で、依頼者様にホームワークとして質問を考えてきていただくということをお願いしております。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー