東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
書面コミュニケーションの添削サービス(C&Cにできること①)

口頭のやり取りの齟齬は、書面での
コミュニケーションで改善しえます。
C&C はその添削をお手伝いできます。

ひきこもり問題にはコミュニケーションの問題がつきものです。ひきこもり問題でなくても実質的にはコミュニケーションでお困りのご家庭は多いです。コミュニケーションが上手くいかなくなっている場合に有力な解決策として、書面で、つまりメールや手紙でやり取りするという方法があります。C&Cではこの方面でも依頼者様をお手伝いできることがありますので、この記事で解説したいと思います。

コミュニケーションに関するトラブルが起きた場合、いつもどう対応されているでしょうか? もしかすると、コミュニケーションが上手くいかないのは、相手が悪いからである、または相手にコミュニケーション能力がないからである、と思っていませんか? そのような態度を取りたくなるお気持ちは良く分かりますが、そのような仕方でコミュニケーションの問題を解決することはできません。それは特に喧嘩の場合を考えていただければ理解できることと思われます。相手が悪いということだけ言っていても仲直りはできません(十中八九、相手も同じようなこと)。他方で、仲直りすることもコミュニケーションが基本的に上手くいっているという関係性でしか可能でないということが問題です。仲直りができるような基本的関係性もなく、コミュニケーションが悪化してしまった場合はどうすれば良いでしょうか?

簡単に言えば、より客観的に事態を捉えられるようにするということが、解決の糸口になります。相手が悪いのか自分が悪いのかという犯人探しではなく、自分たちが目下やり取りが上手くいかない関係性にあるという事実を事実として客観的に受け止めることが必要になります。コミュニケーションが上手くいかなくない状態が続いている場合、その相手と上手くやり取りできる見込みが(自分にも相手にも)今はまだまったくないのだろうということを理解することが大事です。というのも、そのような失敗の理解が基礎にあって初めて、人はコミュニケーション手段を工夫しようとし始めるからです。相手が悪いとか相手に能力がないとか思っている段階では、自分で新しいコミュニケーション手段を開発しないものです。

そして、メールや手紙でやり取りするということは、口頭でのコミュニケーションが上手くいかない場合の、代替手段なのです。書面なら必ずなんとかなるわけではありませんが、口頭でのやり取りよりもより冷静に話をしたり聴いたりできるので、関係改善の見込みが残されています。ただし代替手段である以上、口頭でのコミュニケーションより人為的な作業が必要になります。ここには二つ問題があります。

まず、やむを得ない手段であるとの認識がなければ文章を書くことの労苦に多くの人は耐えられません。そのために上で客観的にコミュニケーション不全を捉えることの重要性を強調しました。しかし、その点がクリアされても、文章を書くことには独特の難しさがあります。これが二つ目の問題です。口頭のやり取りをそのまま文字に起こしても、文章を介した適切なコミュニケーションにはなりません。文章には文章の独特の作法やルール、分かりやすさのための努力などが必要になります。C&Cがお手伝いできることの一つは、この問題への対応です。C&Cでは依頼者様が関係者とやり取りする場合に、具体的にどのように文章を書けば良いのか一つ一つのケースで綿密にアドバイスを差し上げています。

コミュニケーションが上手くいかなくなっているときは、相手方に対して向ける一言一言が相手との関係性に影響しないか、不安になるものです。C&Cから客観的で専門的なアドバイスを差し上げることができれば、依頼者様のご不安を少し減らすことができるかもしれません。口頭でのやり取りだけでなく文面でのやり取りでも依頼者様の適切なサポートができるように努めてまいります。お困りの際はぜひC&Cにご連絡ください。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー