東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
当社C&Cの目標 二つの "C" という両輪

ひきこもり問題には
カウンセリングとコンサルティングという二つの "C" が両方必要です

この記事では当社C&C(株式会社カウンセリング&コンサルティング)がどのような企業であるのかを解説したいと思います。C&Cは、その名前が示す通り、依頼者に対してカウンセリング(counselling)とコンサルティング(consulting)を行う企業です。カウンセリングとは、依頼者の悩みを聞いて依頼者の心理的な負担を軽減する働きかけのことを言います。他方では、コンサルティングとは依頼者の困っている問題を分析し、解決策を提示する働きを言います。C&Cはこの二つのサービスの両方を依頼者に提供する比較的珍しい(もしかすると唯一の)企業です。

もしかするとカウンセリングとコンサルティングは全然違うものであると思っている方もいらしゃるかもしれません。なぜC&Cではこの二つのサービスを提供しているのか? そのような疑問は極めてもっともなことです。というのも、カウンセリングとコンサルティングは簡単に上で述べた通り、少し違う形態で行われるものです。もっと言うと、この二つのサービスは、目指すべき方向において異なります。どちらかと言えば、カウンセリングは依頼者の自己解決が進展するように働きかけ、他方でコンサルティングは、依頼者が解決できない問題を依頼者の代わりに解決するというものです。方向性の異なる二つのサービスを同時に展開することに、どのような意味があるのでしょうか? それを理解するためには、ひきこもり相談の特殊性を踏まえる必要があります。

従来のひきこもり相談にどのような問題があったのかは、他の記事で解説しています。簡単に言えば、ひきこもり本人が外出することが問題解決に必要なステップになっている場合があるという点が問題です。ひきこもりの方の中には当然ながら外出が困難な方もいらっしゃるからです。もしひきこもり本人とカウンセラーが簡単に接触できる状況であれば、カウンセリングだけでもひきこもり問題が解決していくのかもしれません。しかし現状ではそのような状況にないことが多いです。

したがって、ひきこもりのご家族がご本人に代わって相談機関を訪れる必要があります。そういった場合に、(ご家族もお悩みを抱えられているので)ご家族に対してカウンセリングをすることも必要ですが、それだけでは足りません。というのも、ひきこもりご本人も巻き込む形で問題に取り組んでいく必要があるからです。ご家族がひきこもり本人と適切な関係性を確保できるように、ひきこもり本人とご家族のコミュニケーション構造を分析し、その構造をより良いものに変化させていくようにアドバイスするということは、コンサルティングそのものです。これがカウンセリングだけでなくコンサルティングもひきこもり相談に必要になってくる理由です。

逆にコンサルティングだけでも足りないのは、ひきこもりご本人やご家族の心理的な問題を踏まえなければ、コンサルティングも効果を上げることがないからです。主にご家族と直接に、そしてご本人と間接的に、やり取りさせていただき問題を解決していくためには、ご本人とご家族の悩みをお聞きしてご本人やご家族が問題についての理解を深められるということが不可欠です。そのため、やはりカウンセリングも外すことはできません。

以上の理由により、ひきこもり相談はカウンセリングとコンサルティングの二つのタイプの働きかけを必要とするものであると考えられます。そこで相談機関においては、両方のサービスを提供することができることが望ましいと思われます。C&Cがカウンセリングとコンサルティングという「二つの "C"」を両輪として設計された企業であることには、このような背景があったのでした。 

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー