東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
C&Cのプロフェッショナリズム

C&C は高い専門的能力という面でも客観的で責任ある態度という面でも
プロであることを重視します

この記事では当相談室C&Cが最も大事にしている価値観の一つ、プロフェッショナリズムについて解説します。C&Cでは依頼者様へのサービスの向上を様々な側面で追求していますが、それらの努力はプロとしての努力、すなわちプロフェッショナリズムの追求という形をとっています。もちろんどんな職業的活動でもプロ意識は仕事の重要な要素であると思われます。しかし、心理的な問題に関して特にプロフェッショナリズムは重要な意味を持ちます。それはなぜでしょうか?

答えは、心理的な問題が目に見えない形のはっきりしないものであるからです。心の悩み、もっと一般的には(精神的な)辛さや苦しさは、外側から観察するだけでは分からず、定量的または経済的な評価がしにくいタイプの問題です。そもそも一定程度の豊かさのある社会でなければ問題にしようもない微妙な悩みも含まれています。そういった問題の分かりにくさ、多様性、複雑な構造は、プロにとっての問題解決の難しさに直結しています。心理的な問題の固有の難しさは、心理的な問題の捉えにくさにあるということです。高い能力がなければ難しい問題を発見することも解決することもできません。だからこそ、有能な専門家が心理的な領域でも求められている訳です。ですが、こういった高い職業能力を備えているという点を超えて、意識としてのプロフェッショナリズムもまた要請されるのはなぜでしょうか?

意識面でプロフェッショナリズムが特に要求されるのは、およそ難しく微妙な事柄を取り扱うプロは、依頼者を簡単に欺くことができてしまうからです。残念なことに、心理的な問題に関する多くの相談機関で、相談機関のサービスが非常に主観的である場合があります。社会全体で心理的な事柄に対する理解が深まっていないため、現実に存在する専門家に対する需要が弱く、専門家としての責任感がカウンセラーの間で高まりにくいという事情があるからです。専門的で客観的な基準が存在しないと、その場その場のアドホックで個人の主観に頼って依頼者にアドバイスする(そして問題が解決しない)ということを繰り返しがちです。そういった事情のため、相談機関に相談しても心理的な問題(例えばひきこもり問題)について何の進捗も無かったということもありがちなことです。そういった状況に専門家が甘んじていてはいけません。専門家にはたとえ社会全体や依頼者が見極められなくても、適切な水準で問題を見て取っていくということが求められていると言えましょう。

C&Cも心理的な問題を取り扱う専門家集団として、依頼者と公共に対して誠実であろうと努力しています。その現れがプロフェッショナリズムの重視であり、もっと言えば客観性の重視なのです。C&Cでは依頼者様にアドバイスを差し上げる場合に何よりもアドバイスの客観的根拠に気を配っています。限界があるとは言え、できる限り客観的なアドバイスを差し上げることが依頼者様の問題解決に最大限の貢献ができると考えているからです。(他の相談機関の)主観的なアドバイスに納得できないという方は、C&Cへのご相談をご検討いただければ幸いです。プロフェッショナリズムを重視したサービスの提供を、C&Cがお約束いたします。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー