東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
ひきこもり家族コンサルティングがお手伝いできること

心理的ストレス軽減の専門家集団です

ひきこもり家族コンサルティングは、お客様の心理的ストレスを軽減する専門家集団です。

現在は、特にひきこもりのご家族のご相談を承ることが多いのですが、お客様の心理的な問題全般をご相談いただくことが可能です。簡単に言えば、お客様が不安になっていること、悩んでいること、については何でもご相談いただけます。

もちろん法律や医学のことで問題が起きていることがすでに明らかな場合は、弁護士や医師といった他の専門家にご相談いただければ幸いです。ですが現実の人生で起きてくる問題は、他の専門家だけでは上手く解決できないという場合もあります。例えば、夫婦関係に悩んでいるが離婚などの手続を利用するという踏ん切りはついていないといったケースや、自分に障害があると診断されたがその事実を基にしてどのように生活を再設計すべきなのかが分からないといったケースです。こういったケースでは弁護士や医師に相談できる事柄よりもずっと広い範囲で諸事情を検討する必要があります。

なぜ他のタイプの専門家がまとめて問題を解決できないのでしょうか? それは、こういったケースでは、コミュニケーションの問題が法律や医学の問題に絡んでくるからであり、コミュニケーションの問題を専門にしているのは、臨床心理士や公認心理師、つまりひきこもり家族コンサルティングが擁しているような専門家であるからです。ひきこもり家族コンサルティングは、コミュニケーションの問題を詳細に分析することによって、他の専門家よりもずっと広い範囲でお客様の問題解決に役立つようにお助けすることができます。

誰に相談したら良いか分からない、関係者の話し合いが上手くいかない、といった問題があれば、ぜひひきこもり家族コンサルティングにご相談ください。 

よろしければこちらもご覧ください

便箋しか読まない人、封筒まで読む人
自閉スペクトラム症の人と定型発達の人の関わり方の違いー

両者のコミュニケーションのスタイルの違いを便箋と封筒の比喩でご説明しています。付き合い方のヒントにしてみてください。

自閉スペクトラム症という診断名の
活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー