東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
自閉スペクトラム症と相槌(自閉スペクトラム症の人と定型発達の人との付き合い方⑨)

相槌が何に対する同意なのかを
区別し、相手のメッセージを
正しく理解しましょう

自閉スペクトラム症(以下ASD)の人が苦手としていることの一つに、適切に相槌を打つことがあります。ASDの人が相槌を打つことが全くできないという訳ではありませんが、頻度が少なかったり機械的であったりします。相槌を打たれることに慣れている定型発達(以下定型)の人は、ASDの人が相槌を打ってくれないことから話しづらさを感じてしまうことがあります。そもそもASDの人がなぜ相槌が少ないのかという事情を、この記事で解説したいと思います。

相手の話の内容に賛成している場合に、我々は同意しているとか賛成しているとかいったことを言語的にまたは非言語的に表現しようとします。逆に、同意していなかったり反対したりしている場合は、それを表現しようとします。このような話の中身に対するリアクションは、ASDの人にとって何ら不得意とすることではありません。では、ASDの人が苦手な相槌とは何なのでしょうか?

相槌は、相手の話の内容に同意するものではありません。相槌は、相手がその時にその場所でそのことを話していることに対する同意を表しています。つまり相手がTPOにかなった振る舞いをしていることに対する同意、相手が何かを伝えようとしているという事実への同意なのです。だから相槌をしつつ後で話の中身に反対するということも可能です。確かに話の中身に賛成しているのか、相手が話しているという行為に賛成しているのかは、実際には一緒になっている場合が少なくないでしょう。したがってASDの人でも相槌を打っているように見えることの方が多いかもしれません。しかしよく観察してみると、ASDの人は話の中身に反応しているのであって、相手(定型)が話しているという事実に対して同意している訳ではありません。

このようなASDの人(と定型の人)の振る舞いの特徴は、ASDと定型の差異に由来すると思われます。両者を比較すると、定型の人は相手との人間関係自体をより重視し、話されている事柄の中身はより軽視する傾向があります。逆に、ASDの人は相手との人間関係よりも話されている事柄の中身をより重視する傾向があります。だから、定型の人はASDの人が相槌を打っていないとASDの人が反対しているのではないかと感じますし、逆にASDの人は相槌を打たないことによって定型の人に知らず知らず否定的なメッセージを出してしまっているということに気付いていない、ということがありえます。ASDの人と定型の人で会話する場合は、相槌に関するスタイルの違いを押さえておくことが重要です。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー