東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
「共通の関心」への関心の有無(自閉スペクトラム症の人と定型発達の人の付き合い方⑱)
 

定型の人とASDの人とでは、
相手と共通の関心を持つことへの関心に温度差があります

定型発達(以下定型)の人どうしの会話、特にお互いに定型である友人どうしの会話には、共通の関心について語り合う、盛り上がるということが含まれています。自閉スペクトラム症(以下ASD)の人と定型の人の間でも共通の関心について楽しく話すという場合はありますが、その細部は定型同士の場合と多少異なっているようです。

定型の人と定型の人が共通の関心を持って会話している場合、喜びは話されている話題から来るだけでなく、相手と関心を分かち合うことができたことからも来ています。つまり定型同士の会話においては、共同で何かをする(この場合は同じ関心について語る)ということに本質的な価値があり、何の話題であるかということはしばしばさほど重要視されていません。

対照的に、ASDの人と定型の人が共通の関心を持っている場合、少なくともASDの側では、関心のある事柄を話せることに喜びが生じているように思われます。必ずしも相手と関心を分かち合うことに喜びの源泉がある訳ではないというところが、特徴的です。このような定型の人との微妙な違いが、会話している当の定型の人に感じられる場合もあります。いわゆる世間話は、事柄それ自体が重要という訳ではなく、相手と関心を分かち合う(少なくともそのふりをする)というタイプの会話です。ASDの人が世間話を苦手とするという特徴付けがありますが、それは本質的には関心を共有すること自体に関心がないという特徴に対応しています。

したがって、ASDの人と定型の人が世間話をしていると、関心の持ち方について定型の人の予測が外れてしまって、定型の人が戸惑う場合があります。話しているうちにASDの側で関心を持てない話題になるとASDの人が急に話を合わせようとしなくなることがあるからです。このような場合に定型の人はどうするべきでしょうか? 定型の側で戸惑いを無くすためには、自分が本当に関心を持っていることだけを話すことです。いわば自分もASDの人のように振る舞うことで相手方とのアンバランスを消去することがでます。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー