東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
会社顧問という社会復帰の可能性について

社会復帰の一つの選択肢とは

ひきこもりの当事者を抱えるご家族の方は、本人の将来についてさまざまな切実な願いをお持ちのことでしょう。その中でも、本人が就職して社会復帰を果たすこと、仕事を通じて社会貢献を果たせるようになることが最大の願いだ、という方は少なくはないでしょう。しかし同時に、就職を通じた社会復帰・社会貢献というゴールまで本当にたどり着けるのだろうか、たどり着けるとしても一体いつになるのだろうかという不安をお持ちの方もまた、決して少なくはないはずです。

 

なぜなら、ひきこもりの問題と就職・社会復帰の問題とは、多くの共通する問題の根を持っているからです。例えばひきこもりの当事者の中には、周囲の人々と円滑にコミュニケーションを取ること、相手の気持ちを直観的に読み取ること、家族や職場でのルール・慣習に自分を合わせるといったことに苦手意識を持っている方も少なくありません(もちろん、これらは大なり小なり誰しもが上手く行かない部分を抱えている問題ではあります)。こうした困難は、周囲の人と適切な人間関係、信頼関係を築くことを難しくしてしまいます。その結果、学校や職場などの社会と上手く関係を取り持てず、ひきこもりの状態に陥ってしまう場合があるわけです。だとすると、就職による社会復帰がひきこもり問題そのものと同じ程度に遠い先のゴールに見えるのも、無理からぬことです。

 

しかし驚かれてしまうかもしれませんが、当相談室は、社会復帰・社会貢献を果たすこと自体は必ずしも難しいことではないと考えております。つまり、ご本人の方が抱えるコミュニケーションや人間関係の問題を解決するよりも先に、社会復帰・社会貢献を果たす道はありうるということです。

 

それは、既存の企業や官公庁への就職を目指すのではなく、ひきこもりのご家族自らが出資者となって会社を所有し、ひきこもりのご本人がその会社顧問を任されるという方法です。身内の作った会社に収まることのどこが社会復帰なのか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし実はこれも立派な社会復帰で、社会貢献なのです。

 

なぜなら、そもそも社会で働いているひきこもりでない人々にしてみても、そのほとんどは企業や官公庁の中で、企業や官公庁を通じて社会に貢献しているからです。例えば自動車を売る人は、自分のお金で自動車を買い、自分の評判を頼りに買い手を集めているわけではありません。会社が自身の知名度と資金を使って自動車を仕入れ、顧客を集め、自動車を売り買いしています。そして営業として働く人は、会社のためにそのプロセスに協力することで、会社から報酬をもらっているのです。会社に属さず身一つで自動車ディーラーをすることなどほとんどの人には不可能なことを思えば、社会貢献というものがそもそも会社などの組織に仲立ちされていることが分かるでしょう。

 

ご家族の方が出資者となって企業を所有し、ひきこもりのご本人に顧問に就任してもらう場合も、これと同様です。会社が社会と関わっているため、ご本人は会社のために仕事をすることで立派に社会復帰し、社会貢献していると言うことができるのです。

 

しかもこの場合、既存の会社や官公庁に就職するのとは違って、それぞれの職場の文化やルール、人付き合いといったものから自由に仕事をすることができます。ひきこもりの方が抱えがちなコミュニケーションと人間関係の問題をスルーすることができるのです。さらに、ただ単にご家族の方から家事手伝いなどを任されて金銭を得る場合とは違って、ご本人は会社顧問という明確な社会的役割を与えられています。このことはご本人が持つ自信、自尊心にもポジティブな影響をもたらすことでしょう。

 

しかし、どれほど魅力的に見えたとしても、そもそもこんな方法は実現不可能だと思われるかもしれません。しかしこの点についても、意外にもそうではないのです。この点については別の記事にて詳しく説明します。

 

以上のことを振り返ってみましょう。既存の組織に就職するという目標にこだわらず視野を広げてみると、会社設立・顧問就任という新しい社会復帰の可能性が見えてくることがわかりました。そして、そもそも会社を通じた社会貢献はありふれたことであるため、ひきこもりのご本人が会社顧問を務めることも立派な社会貢献なのだと言えます。会社顧問を務めるなかで、ご本人が抱えるコミュニケーションや人間関係をめぐるより困難な問題にはじっくりと取り組みながら、そうした困難からはひとまず自由になって先に社会復帰、社会貢献を果たすことができるのです。

よろしければこちらのページもご覧ください

本人と対話が難しい場合は第三者に相談し、孤立を避けましょう

ひきこもりの当事者を抱えるご家族の方が一人で問題を抱えて孤立してしまうことがあります。孤立状態に陥ることを避けるため、ひきこもりの問題については第三者に相談することを検討してみましょう。

ひきこもりファイナンシャルプランについて

多くのご家族が心配されるのが将来のご本人に関する経済的な問題です。親御さんがいなくなった後、ご本人が安心して生活していくにはどうしたらよいのかといったご家族のご相談が最近増えています。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。