東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
自室を持つ 問題から距離を置ける「安全地帯」の大切さ
 

家の中に一人で過ごせる
安全地帯をお持ちですか?

ひきこもりの当事者を抱えるご家庭で、相談者の方が自室(自分だけのための個室)をお持ちでなく、一人の時間であってもリビングなど家族共用のスペースで過ごされているというお話を伺うことがあります。意外に思われるかもしれませんが、こうしたご家庭は案外多く見られるのです。

 

リビングなど家族共用のスペースにしかいられないとなると、自室のようにいつでも自分が望むときに一人になることはできません。このことは、ひきこもりの方を抱えるご家庭の場合、いくつかの問題につながってしまいます。

 

第一に、一人になることができないと、たえず緊張状態に置かれてしまうという問題があります。ひきこもりの問題に関連して悩んだり疲れている場合、ひきこもりご本人と口論したり反目し合っている場合でも、自室がないと相手と必要以上に接触せざるを得ません。思い悩んでいる当の相手、諍いの当の相手と顔を合わせざるを得ないとなると、そのことでますます疲弊してしまうことでしょう。嫌でも接触せざるを得ないことは、とりわけひきこもりの問題がDV(家庭内暴力)の問題に発展している場合、特に深刻なものになります。

 

関連して、このように一人になれずたえず精神的に緊張し、疲弊してしまう状況下では、ひきこもりの問題について落ち着いて考え、広く深く考えを巡らせる力は損なわれてしまいます。問題から目をそらしていては解決が望めないのは言うまでもありませんが、しかし反対に、あまりに近くで問題にさらされ続けていても、問題に取り組む心の余裕が持てないということもまた確かです。自室はいわば、問題から適当な距離を取って問題に対して備えをすることのできる「安全地帯」なのです。

 

第二の問題として、ひきこもり問題について相談機関(例えば当相談室)とオンライン面談を行うとき、共用スペースでは面談の最中に他の家族の方が出入りすることがあります。他の家族の耳に入るおそれがあると、話したい話題を心置きなく相談していただくことがはばかられるかもしれません。ひきこもりの問題には、ひきこもりご本人が関わっているのはもちろんのこと、配偶者の方をはじめ他の家族が関係している場合もあります。こうした関係者の話題は、当人に聞かれていない場所でないと安心して打ち明けることが難しいでしょう。

 

 このように、自室がないことに伴って、問題から距離を取って精神的に落ち着ける「安全地帯」がないことのストレス、心置きなく相談機関に問題を打ち明けることができないというストレスが生じえます。意外にも相談者ご自身もこうしたストレスに気づいていないことが多く、実際に自室を確保し自室のある生活を経験して初めて、それ以前の生活がストレスを伴ったものだと気づかれることもあります。

 

問題の解決はもちろん、自室を確保することにあります。そうはいっても、現在自室をお持ちでない方が新たに一室を確保することは不可能だと思われるかもしれません。しかし必ずしも不可能とまでは言えません。当相談室では、まずはご自宅の間取りを再確認してみることをお勧めしています。ちょっとした物置などとして余している部屋がないか、離れがあれば離れの部屋を利用できないか、家を出られた他のお子さんの旧自室をいつ帰ってきてもいいようにとそのままにしていないかなど、意外なところに捻出できるスペースは眠っているかもしれません。

 

こうしたスペースは、ご家庭内部の目線からは「余り」のスペースには見えていないかもしれません。例えば、物置に使っている部屋が本当は中身を別の収納スペースに集約できて、自室に転用できる場合であっても、ご家庭の中ではあくまで物置として固定されて、デッドスペース(活用できるのに活用されずに放置されているスペース)になっているかもしれません。当相談室では、間取りについてお伺いさせていただければ、自室確保のためにそれぞれのご家庭に合ったコンサルティングを提供することが可能です。自室がないことのストレス、自室の必要性を感じられた場合は、ぜひご検討ください。

 

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。