東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
障害の乗り越えは「認識」から始まる

障害の存在をまず当人と周囲が
認識することが、双方が障害を
乘り越えていく第一歩です

他の記事でも解説しているように、自閉スペクトラム症(以下ASD)であるかどうかにつき医師の診断を受けることが非常に重要となってくるケースがあります。そのケースとは、医師の診断を受けることが、本人の抱えている問題を本人と周囲の人が理解し、客観的に適切な対応に切り替えていくために必要になる場合です。とはいえ、精神科を受診することを本人が忌避してしまうことがあります。なぜ精神科の受診が難しくなってしまうのでしょうか?その原因は、障害に対する差別・偏見に関する問題であると思われます。

残念なことに日本社会には障害者一般に対する差別がまだまだ残っているということが現状です。露骨に不利益な取り扱いをされなくても、健常者から完全に切り離された全く違うグループに属する者として障害者が疎外されてしまうということもあります。そのため、障害者という属性を持っていることは日本社会の中ではまだ決してニュートラルな属性ではありません。むしろ概ね不利になる属性として位置付けられていると言えるでしょう。

よって、障害があるかどうかの診断が合理的・客観的に必要となってくる場合であっても、その点を明らかにする際には、当事者に大きなプレッシャーがかかることになります。とりわけ ASD や ADHD などの発達障害の場合は、障害があるかどうかが素人には分かりにくいこともあり、ASDであるかどうか診断を受けること自体が大きな壁になりがちです。最も深刻なケースは、当事者自身が障害者に対して差別意識を持っている場合です。そのような人物が、自身が差別意識を持っているグループに自身が含められるということを全力で否定しようとするのも、当然の成り行きだと思われます。

以上のような障害に対する見方は社会全体に根強く、個人単位でも容易には克服しがたいものであると思われます。しかし、よりニュートラルに障害を捉えられるように考えを変化させることは不可能という訳ではありません。障害という言葉には、当事者の内に何か良くない性質が存在するというニュアンスが伴ってしまっています。ですが障害という概念には本来、「人が一定の活動をするために一定の工夫が必要になる」ということしか含まれてはいません。その意味では、ものを見るために眼鏡が必要になる人も障害を持っているのであり、ASD などの発達障害も、生きていく上で相応の工夫が必要になるという状況を表しているにすぎないのです(違いがあるとすれば、ASDの人には眼鏡のような手っ取り早い解決法がないという点です)。発達障害は、当事者の内側(心や頭)の中にある何かというよりも、当事者と社会、当事者と生活、当事者と周囲の人々との間にある困難な関係のことを表すと理解する方が啓発的でしょう。

ポイントとなるのは、障害が乗り越え可能だということであり、そして乗り越え可能な事象にするためには、まず最初に障害を障害として把握する必要があるということです。ASDの問題には、特にこの点が当てはまります。ある人がASDであるかどうかを判断することが重要なのは、定型発達者がASDの人を差別するためではなく、むしろ定型発達者がASDの人を誤解のゆえに不当に取り扱うことを防止するためです。違いを乗り越えて双方がストレスなくコミュニケーションするためには、当事者の間の違いを少なくとも一方が(できれば双方が)認識する必要があります。その当事者の間の違いこそが障害の本質であるということが把握できれば、よりニュートラルに障害を捉えることが可能になってくるかもしれません。そのような可能性を模索することが、個人単位でも社会全体でも望ましいと言えます。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー