東京でひきこもり支援・相談・カウンセリングなら
ひきこもり家族コンサルティング

《相談室》〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」5番出口から徒歩1分
《二子玉川分室》東急田園都市線・東急大井町線「二子玉川駅」西口から徒歩5分

お気軽にお問合せください

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休 (12/30-1/3を除く)

ひきこもりオンラインハンドブック
ADHDに関する診断の社会的・心理的価値

ADHDの診断は得ることは
「サボり」「無責任」との誤解を
避けるのに役に立ちます

当相談室(C&C)のWebページの多くの箇所で、自閉スペクトラム症(以下ASD)であるかどうか医師の診断を受けることの重要性について語ってきました。ASDでだけでなく注意欠如/多動症(以下ADHD)に関しても、医師の診断を受けることは本人と周囲の人に多大な重要性を持っています。この記事では、ADHDであるかどうか、特にADHDの注意欠陥のケースに当たるかどうかにつき医師の診断受けることの心理的・社会的価値について論じたいと思います。

しばしば、ADHDの注意欠陥の人は、定型発達(以下定型)の人から非常に強い否定的な応答をされることがあります。例えば、注意欠陥のタイプのADHDは、宿題を忘れたり、待ち合わせの約束に遅れたりしがちです。定型の人からは、宿題や約束を忘れた人が単にサボっている、軽んじているように見えます。というのも、定型の人がそのような事態を引き起こすのが、定型の人がサボっていたり他人を軽んじたりしている時だからです。定型の人に馴染みのある事情を相手に投影して、定型の人はADHDを非難することがあります。

一般的に、何かをサボることは道徳的非難に値するものと了解されています。簡単に言えば、サボっている人に対しては「もっと真面目にやれ」という要求をすることが認められています。しかし、ADHDの人はサボっている訳ではありません。サボっているという訳ではないというのは、定型の人が特定の事柄に注意力を使うのと同じようにADHDの人が注意力を使っても、定型の人と同じように物事にこなせる訳ではない、したがって、ADHDの人が何かに失敗するとしても定型と同じように注意力を使っていないという無責任さはないということです。だから、相手がADHDであるにもかかわらず定型であることを前提にして責めることは公平ではありません。

診断はこの点で重要です。ADHDであるか定型であるかによって、他者からの本人に対する応答や評価が変わってくるからです。もしADHDであるということが客観的に確認されていれば、定型の人もADHDの人を不当な基準で評価することを止めるでしょう。これはもちろん本人にとって普通プラスに働くと思われます。ただし周囲の人にとっても重要です。というのもそうでないと、本人に対してADHD相手の合理的で適切な態度を選択することができないからです。こういった意味でASDだけでなくADHDの場合も(特に注意欠陥のケースで)医師の診断が社会的・心理的に重要になってくると言えるでしょう。

共感の苦手な人と付き合うためのライフハック(ASDの人との付き合い方①)

身近な人が自分の話に共感してくれない、という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いつも「なぜ共感してくれないの!」と思ってイライラしたり悲しくなったりしてしまっていませんか?いつもそういったことを繰り返していては心の健康を損なってしまいます。どうしたら良いでしょうか?

自閉スペクトラム症は共感が苦手
 しかしそもそも「共感」とは?

「自閉スペクトラム症の人は共感が苦手だ」と紹介されることがよくあります。しかし自閉スペクトラム症の共感能力というポイントについては、普通思われているよりも注意深く理解する必要があります。

コミュニケーションの失敗を見逃さない

皆さんは、コミュニケーションに困難を感じたことはありますか? コミュニケーション能力を向上させるためにはトライ・アンド・エラーを繰り返して暗中模索するしかないと思われていませんか?このような理解には、二つの難点があります。

自閉スペクトラム症という診断名の活用法

この記事では、自閉スペクトラム症という診断を活用する一つの方法を提案しています。あなたの生活の問題を解決することができるかもしれません。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561
開室時間
10:00-18:00
定休日
年中無休(12/30-1/3を除く)

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-2561

お電話いただいたときに不在の場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。こちらからのお電話に差支えのある場合は、その旨を留守番電話でお伝えください。

お問合せフォームからのご予約は
24時間受付しております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー